WEB予約できます
貴社を毎月訪問します
創業の夢をお手伝い
事前に必要納税額を通知
経営数値をタイムリーに把握
経営改善計画策定支援
相続税・贈与税シミュレーション
加藤忠男税理士事務所は
TKC全国会会員です
TKC全国会
TKC全国会は、租税正義の実現をめざし関与先企業の永続的繁栄に奉仕するわが国最大級の職業会計人集団です。
関東信越税理士会
西川口支部所属

黒字決算を支援する 3つのソリューション

継続MASシステム

M&Aアドバイザー

M&A(エムアンドエー)とは、英語: merger and acquisition(合併と買収)の略であり、

企業の合併や買収の総称である。

セカンドオピニオン業務

事務所では税理士事務所における税務の観点も含め、M&Aアドバイザーのセカンドオピニオン業務を承っております。

売り手のオーナーは、M&Aの機密性の観点から、トップ面談等も一人で実施しなければならず、

このM&Aの契約に利があるのか、不利益になっていないかなど誰にも相談ができず不安を抱える立場にあります。

M&A仲介業者にお願いしていても、仲介業者は利益相反の関係から買い手・売り手のどちらかに寄り添ったアドバイスは原則できません。


当事務所では

「売り手に寄り添った税理士事務所における税務アドバイス」をしております。

(セカンドオピニオンの場合)

・M&A仲介業者との打ち合わせへの同席

・トップ面談の同席

・仲介業者からだされた売買価格の検討

・LOI(基本合意書)のレビュー

・DD準備の手伝いと出席。(M&A実行先んじておこなわれる調査)

・その他売り手オーナーの相談対応

など、売り手側にとっての税理士事務所における税務アドバイスを致します。

M&Aに関して不安をお持ちの方、当事務所にお気軽にお問い合わせください。


中立的立場で円滑にM&Aを実施

オーナー同士で、M&Aの実施を合意しているものの、具体的な売買価格や条件

提示をすることがなかったり頓挫していることはありませんか?

M&Aを円滑に進めるために仲立的な立場に立ち、サポートいたします。

第三者を挟むことによって、話し合いがスムーズに進めることができ、

面倒な手続きはこちらで承ります。(一部手続きを除く)

お気軽にご相談ください。


       ▲ページトップへ戻る